キヤノンの2019年12月期決算資料に関する画像

キヤノンの2019年12月期の決算発表がありました。

カメラ市場全体が縮小傾向にあるなか、シェア率でトップを誇るキヤノンの営業利益も厳しい状況にあるようです。

しかし、2020年は一眼レフカメラのフラグシップ機であるEOS 1Dシリーズの最新機種『EOS-1D X MarkⅢ』の発売が既に決定されています。

さらに決算資料の中でもカメラの動向に関する興味深いコメントがいくつもあります。

特に注目したいのがフルサイズミラーレスカメラについて言及している部分。

そこで、今回は決算資料から分かるキヤノンのカメラ販売に関する2020年の動向についてまとめていきます。

キヤノンの2019年12月期決算資料に関する画像

現在のフルサイズミラーレス開発は不十分

キヤノンはハイアマチュアモデルである『EOS R』とミドルクラスモデルである『EOS RP』の2機種のフルサイズミラーレスカメラを発売しています。

その2機種に対応するRFマウントレンズは全部で10本が発売され、すでにRF70-200mm L IS F2.8』などの大三元レンズも揃う状況になりました。

しかしながら、キヤノンは今のラインナップでは不十分だと考えているようです。

これは他メーカーと比較してみると、フルサイズミラーレスの開発が遅れているという認識を持っている様子。

今後はミラーレス市場でもシェア率でトップを確保できるよう、ラインナップの増強を図っていくことが期待されます。

2020年の主力はフルサイズミラーレスカメラ

2020年もカメラ市場が縮小傾向にあるなかで、キヤノンが最も力を入れていくとしているカメラの主力は『フルサイズミラーレスカメラ』。

そのターゲットは、プロ・ハイアマチュア層のユーザーです。

既に噂されている『EOSR』の高画素モデルには『新しいイメージセンサーや映像エンジンなどの高機能が搭載される』との名言されています。

コンパクトカメラの縮小は継続

安定した需要があるとの見込みでフルサイズミラーレスカメラ販売が増強されるなかで、需要が著しく減少しているのがコンパクトカメラ部門です。

これは簡単で手軽に撮影・シェアできるスマートフォンの影響によるものかもしれませんが、他のメーカーの販売状況と比較してもエントリーモデルは市場全体で縮小傾向にあります。

そのような状況でキヤノンは今後、高級コンパクトカメラであるGシリーズを中心に開発を進めていくようです。

また、2019年末にはスマートフォンとの連携を想定した『iNSPiC REC』なども発売され、これまでになかった新しいカメラ開発の可能性もあるかもしれません。

キヤノンの爆売れコンセプトカメラ【iNSPiC REC】が人気の理由

キヤノンのカメラ販売の2020年の行方

2019年12月期決算資料から読み解く、キヤノンの2020年におけるカメラ販売についてまとめてきました。

カメラ全体でシェア率トップを誇るキヤノンですが、フルサイズミラーレスカメラ部門ではソニーのほうがまだまだ先を走っている印象があります。

ソニーのようなペースの早いモデルチェンジを望むわけではありませんが、一眼レフカメラにおけるハイアマチュア向けモデル『EOS 5Dシリーズ』に代わるようなカメラが出てくることを期待しているユーザーは多いはずです。

高機能を搭載した『EOS R』の後継機らが2020年に投入される可能性が高いということが今回の決算資料で分かったので、あとはワクワクしながら楽しみに待っておきましょう。

 

今回の決算資料は『キヤノン2019年12月期決算』から確認できます。

合わせて読みたい⇊

6DMarkⅡユーザーからみたニコンD780の評価と比較

キヤノンの2019年12月期決算資料に関する画像
最新情報をチェックしよう!