SNSへのシェアイメージ

オススメのランニングアプリ「Nike Run Club」が便利

ランニングアプリ「Nike Run Club」を使い始めました。

今まで使っていた「Runtastic」が使えなくなってしまったことをきっかけに導入しましたが、想像以上に便利な機能が搭載されたアプリだったので使い始めて大正解でした。

同じように記録を管理したいランナーにはオススメできるので、今回は使用しているなかで感じた「Nike Run Club」の魅力的な機能について解説していきます。

モチベーション維持に貢献

「Nike Run Club」では走った距離や時間の計測、SNSへのシェアなどといった一般的なランニングアプリで使える基本的な機能が一通り備わっているので、自分のランニングパフォーマンスに関する様々な統計を調べることが可能です。

Nike Run Clubのトレーニング記録

色々な機能があるなかでモチベーション維持に役立つ「Nike Run Club」の特徴的な機能を3つご紹介していきます。

・トロフィー機能
・ランレベル
・マイコーチ

トロフィー機能

トロフィー機能では走った距離や回数、タイムなどに応じてトロフィーを獲得できるようになっています。

以前使っていたアディダスのランニングアプリ「Runtastic」には無かったのでユニークで面白いと感じました。

Nike Run Clubのトロフィー機能

ランレベル

合計の走行距離に応じて決まってくるランレベルは1つの達成基準のようなものです。

Nike Run Clubのランレベル画像1

Nike Run Clubのランレベル画像2

こちらも自分の積み重ねてきたパフォーマンスを記録していくことでモチベーション維持に繋がる機能になっています。

最も高いレベルは15,000キロを上回ると到達できる「ボルトレベル」となっているので、このレベルを目標にしてみるとランニングがもっと楽しくなるかもしれません。

マイコーチ

マイコーチでは自分の目標やパフォーマンスの成績からベストなトレーニングスケジュールを自動作成してくれる機能です。

Nike Run Clubのマイコーチイメージ

持久走や長距離ランなどのランニング以外にも短距離ダッシュや別のアプリ「Nike Training Club」と連携したワークアウトなども設定されます。

休養日を含めたスケジュールとなっているので、オーバーワークが心配な人も安心。

自分でトレーニングメニューを管理するのが面倒に感じる人にはオススメの機能になっています。

別アプリとの連携可能

「Nike Run Club」ではナイキアプリ以外の様々なトレーニングアプリと連携できるパートナーアプリ機能があります。

ランニングウォッチで有名なガーミンやポラールなどの専用アプリとも連携可能で、事前に設定しておけば自動的に素早くデータを共有することができます。

実際にガーミンのアプリとランニングウォッチとは問題なく連携できていて、ランニング記録の管理がアプリだけで行うよりも簡単にできるようになりました。

ランニングウォッチを使用している人は絶対に連携させることをオススメします。

ダイエットにも活用できるアプリ

様々な機能が使える便利な「Nike Run Club」は上手く活用することで運動が苦手な人やダイエット目的の人にも体力アップや目標達成のためにオススメできるアプリです。

それは、どんなスケジュールが自分の体力に合っているのか分からなければオーバーワークや効果が低いトレーニングになってしまうからです。運動に馴染みがない人こそ、マイコーチなどの自動メニュー作成やトレーニングを記録する習慣を身に着けるようにしましょう。

SNSへのシェア機能を使用して友人やフォロワーとトレーニングを共有すればモチベーション維持にも繋がります。

SNSへのシェアイメージ
SNSへのシェアイメージ画像

これだけ色々な機能があるのにアプリ自体が無料で利用できるのはお得ですので、興味がある人はぜひ試しに始めてみてください。

関連記事⇒『ダイエットに効果的なはずのランニングが継続出来ない時の対処法

SNSへのシェアイメージ
最新情報をチェックしよう!