キヤノンのRF16mm F2.8 STMの外観イメージ

キヤノンのRF16mm F2.8 STMは星空撮影で使える新たな撒き餌レンズ

キヤノンのRF16mm F2.8 STMが新たな撒き餌レンズとして話題です。

RFマウントレンズで初となる超広角の単焦点レンズとして正式発表されたRF16mm F2.8 STMは、キヤノンオンラインショップで41,800円(税込み)と焦点距離や最小開放値F2.8を考慮してもコストパフォーマンス抜群。

16mmの焦点距離は建築や風景、星空撮影等で用いられることが多い印象ですが、近年では自撮り用としての使いやすさが注目され、Vlog用レンズとしての使用が想定されています。

RF16mm F2.8 STMは最小開放F値がF2.8と明るいことに加え、サイズがRF50mm F1.8 STMとほぼ変わらない携帯性にもメリットがあり、日常のスナップ撮影として持ち歩くのにも最適なレンズだといえます。

RFマウントレンズには既に単焦点レンズがいくつか存在していますが、50mmや35mmの画角が窮屈に感じる人にとって16mmはまさに理想の焦点距離で、被写体以外の周辺状況まで描写したい時などには役立ちます。

・16mmの超広角とF2.8の明るさのバランス
・コストパフォーマンスが抜群
・小型軽量で携帯性が高い
・風景、スナップ、自撮りなど幅広く使える
キヤノンのRF16mm F2.8 STMの外観イメージ
RF16mm F2.8 STM-キヤノン公式より
キヤノンのRF16mm F2.8 STMのレンズ構成図
RF16mm F2.8 STMの光学構成図-キヤノン公式より
RF16mm F2.8 STMの主なスペックは以下のとおり。

・焦点距離:16mm

・レンズ構成:7群9枚

・フィルター径:43mm

・最大径×長さ:約φ69.2mm×40.2mm

・重量:約165g

・手ブレ補正:なし

・防塵防滴性能:なし

RF16mm F2.8 STMは非Lレンズのため手ブレ補正に非搭載ですが、EOS R5やEOS R6などのボディ内手ブレ補正機構を搭載したカメラとの組み合わせて使用すればデメリットはほぼ感じられません。

超広角レンズは画角が広いゆえに色々と写り過ぎてしまうため扱いにくい一面があるので全てのユーザーにオススメすることはできませんが、風景撮影や自撮りなどでは大活躍してくれること間違いなし。

F2.8の明るさも星空撮影での使用が期待出来るので、実際のレビューでどの程度写るのかにも注目したいです。

発売は2021年10月下旬予定です。

 

合わせて読みたい⇒『RF100-400mm F5.6-8 IS USMは見れば分かる凄いレンズ

キヤノンのRF16mm F2.8 STMの外観イメージ
最新情報をチェックしよう!