RF100-400mmのイメージ写真

RF100-400mm F5.6-8 IS USMは見れば分かる凄いレンズ

キヤノンが正式発表した新たなRFレンズ「RF100-400 F5.6-8 IS USM」のスペックが魅力的過ぎて一目見た時からその凄さに驚きました。

望遠側400mmまで対応なのに税込み90,500円(キヤノンオンラインショップ価格)はコストパフォーマンス良いにもほどがあります。

EOSRシリーズで使う望遠ズームレンズは描写性能が高い「RF100-500mm F4.5-7.1L IS USM」が最有力候補だったのに、携帯性を含めた総合評価ではとても迷わせてくれるレンズです。

RF100-400mmのイメージ写真
RF100-400mm F5.6-8 IS USM-キヤノン公式より
RF100-400mmのレンズ構成イメージ
RF100-400mm F5.6-8の光学構成図-キヤノン公式より

「RF100-400 F5.6-8 IS USM」はキヤノンの一眼レフカメラ用のEFマウントレンズ「EF70-300mm F4-5.6 IS Ⅱ USM」の後継機的な製品。望遠側の焦点距離を100mm伸ばしたのにもかかわらず軽量化されています。

約1,570gであるEFマウントレンズの「EF100-400mm F4.5-5.6L  IS Ⅱ USM」と比較すると重量は半分以下。400mmクラスの望遠ズームレンズとしては小型・軽量で携帯性の良さが特徴です。別売りのエクステンダー(EXTENDER RF1.4x/2x)との組み合わせでは焦点距離800mm対応までカバー可能。

EOSRシリーズで使えるリーズナブルな超望遠ズームレンズをお探しの人にはオススメの製品だといえます。

・焦点距離:100-400mm

・レンズ構成:9群12枚

・フィルター径:67mm

・最短撮影距離:0.88m

・最大径×長さ:約φ79.5mm×164.7mm

・重量:約635g

・手ブレ補正:あり

・防塵防滴性能:なし

・エクステンダー対応

Lレンズではないので仕方ないかもしれませんが、防塵防滴性能が非搭載であることやレンズフードが別売りになっていることが購入するうえでの残念な点です。

ですが、それを上回るほどの画質と携帯性とコストパフォーマンスのバランスの良さには魅力があるので、今後の作例やレビュー次第では大ヒットするレンズとなるかもしれません。

 

合わせて読みたい⇒『EOS R3の詳細スペックとEOS R5との比較

RF100-400mmのイメージ写真
最新情報をチェックしよう!