キヤノンの一眼レフカメラEOS 90Dのイメージ画像

キヤノンの一眼レフカメラ『EOS 90D』と『EOS 6D MarkⅡ』のスペック比較と評価についてのまとめです。

高速連写撮影や高いAF機能などキヤノンの2桁機シリーズと7Dシリーズを合わせたスペックを持ったカメラとして注目の90D。

今回はフルサイズセンサー搭載の一眼レフカメラ『6D MarkⅡ』と比較検討して購入を迷っている人向けに、2つのカメラどちらがオススメなのかを解説していきます。

結論から言うと、2台を比較するポイントは撮影する被写体にあります。

スペックの比較

90Dと6D MarkⅡのスペック比較は以下のとおりです。

 90D
6D Mark Ⅱ
レンズマウントEF-SマウントEFマウント
センサーサイズAPS-Cフルサイズ
有効画素数約3,250万画素約2,620万画素
映像エンジンDIGIC 8DIGIC 7
シャッタースピード1/8,000秒~30秒1/4,000秒~30秒
ISO感度100~25600100~40000
高速連続撮影約10コマ/秒約6.5コマ/秒
視野率100%98%
モニターバリアングル式
バリアングル式
スロット数シングルスロットシングルスロット
4K対応
Wi-Fi対応
Bluetooth対応
撮影可能枚数
(常温)
ファインダー使用時:1860枚ファインダー使用時:1200枚
質量約619g(本体のみ)約685g(本体のみ)
大きさ140.7×104.8×76.8144.0×110.5×74.8

基本スペックは新しいモデルである90Dのほうが全体的に高いです。

6D MarkⅡのユーザーとしてはファインダー視野率が100%であることやシャッタースピードが1/8000秒まで使用できる点が羨ましく感じられます。

動きモノを撮るなら90D

キヤノンの一眼レフカメラEOS 90Dのイメージ画像

野鳥やスポーツ、電車や子供などの動きモノ中心で撮影するなら90Dがオススメです。

AFや高速連写などの高い性能ならシャッターチャンスを逃したくない動きモノでも安心して撮影することができます。

レンズの焦点距離が約1.6倍になるのもAPS-Cセンサーのメリットです。フルサイズセンサー搭載の6D MarkⅡで200~400mmなどの距離を撮影するためには高価な望遠レンズが必要になります。

その点、小型で比較的安価なレンズが揃っているEF-Sマウントはお財布にも優しいので購入資金に限りのある人や初心者にはピッタリと言えます。

暗所・風景撮影向きは6D MarkⅡ

世代の新しい映像エンジンが搭載された90Dも高画質ですが、暗所撮影では6D MarkⅡがオススメです。

90Dは有効画素数が多い分、手ブレにも慎重になる必要があります。三脚が使えない場面が多くなるのであれば、高感度撮影に強い6D MarkⅡのほうが有利です。また、望遠よりも広角側で撮影することが多い風景撮影で使うならフルサイズセンサー搭載の6D MarkⅡを選びたいです。

動きモノをほとんど撮影しない人にとって90Dの連写機能はオーバースペックで持て余してしまう可能性が高いでしょう。

90Dと6D MarkⅡの比較と評価まとめ

EOS 90Dと6D MarkⅡの比較と評価についてまとめてきました。

2つのカメラは撮影する被写体によって選ぶのがポイントとなります。

・動物、スポーツなど動きモノ⇒90D
・風景⇒6D MarkⅡ
6D MarkⅡのユーザーとしては動きモノを撮影する時に連写性能や望遠側の焦点距離に不満を感じることがあるので、撮影シーンで使い分けることを想定して2台持ちすることも考えられます。
初めて一眼レフカメラを購入する人には十分すぎるスペックと価格の安さなので、動物やスポーツなどの動きモノを撮影する人や初心者にとって90Dはオススメのカメラといえるでしょう。
ミラーレスカメラが主流となるいま、あえて一眼レフカメラを選択するならぜひ使いたいカメラです。
今回紹介したカメラ⇊
キヤノンの一眼レフカメラEOS 90Dのイメージ画像
最新情報をチェックしよう!