キヤノンRFマウントレンズ85mm

【RFシステム】キヤノンRF85mm F1.2L USMを買う前に知っておきたいもう1つのレンズ

もうすぐキヤノンからRFマウント用レンズ「RF85mm F1.2L USM」が発売されます。

RFシステムのL(Luxury)レンズとしては「RF50mm F1.2L USM」に続く2本目の単焦点レンズで、開放F1.2の美しいボケが演出できるのが特徴です。EOSRやEOSRPなどのフルサイズセンサー搭載のカメラとの相性には期待でき、特に人物やポートレート撮影などで活躍してくれるレンズであることは間違いないでしょう。

しかし購入を検討する前に知っておかなければいけないことが一つあります。それは同じRFシステムでの開発が発表されている「RF85mm F1.2L USM DS」の存在です。

DSはRFシステムの新技術

キヤノンRFマウントレンズ85mm

開発中の「RF85mm F1.2L USM DS」に搭載されているDSという技術はEFマウントレンズや既に発売済みのRFマウントレンズにも無い、今までになかった新しい技術のようです。

DSとは「Defocus Smoothing」の略。現時点では作例画像などはホームページにもアップされていないので詳細は分かりませんが、ボケ像のエッジを滑らかにし、独特のボケ描写になるのだとか。どのようなボケ描写なのか気になるところですが、新技術搭載となると価格はかなり高価になるかもしれません。先に発売される「RF85mm F1.2L USM」がメーカー価格で359,000円(税込)なので、恐らく40万円以上になるのではないでしょうか。

どちらを選ぶかは人それぞれです。がしかし、同じ焦点距離である以上、両方は必要ないので「RF85mm F1.2L USM DS」が気になる人は両方が発売されて出揃うのを待ったほうが良いかもしれません。

後悔することのないよう、価格や描写などを比較してから購入するようにしましょう。

EFマウントの85mmも視野に

仕事の関係上、どうしても85mm単焦点レンズが必要という場合や85mmという焦点距離を試してみたいキヤノンユーザーにはEFマウント用の「EF85mm F1.4L USM」という選択肢もあります。

一段分のF値の差がありますが、こちらのほうが安いので初心者にはおすすめ。発売されたのも2017年と設計に関してもまだ新しいほうです。

EFマウントを使用する際にはマウントアダプターをお忘れなく。

 

あわせて読みたい⇒『【比較】EOS RPのレンズキットでオススメの選び方

キヤノンRFマウントレンズ85mm
最新情報をチェックしよう!