マイクロソフトのSurfaceLaptop3

マイクロソフトからSurfaceシリーズのノートパソコン型デバイス「Surface Laptop」の2019年モデルとなる「Surface Laptop3」が発表されました。

ノートパソコン型であるLaptopシリーズは処理速度やバッテリー性能が高いので、ブログ運営やブラウジング目的の人たちに人気のデバイスです。

今回はシリーズ3代目となる「Surface Laptop3」を前モデル「Surface Laptop2」と比較しながら詳細スペックについてご紹介し、新たなデバイスとしての魅力について解説していきます。

Surface Laptop3のスペック比較表

マイクロソフトのSurfaceLaptop3イメージ画像

2019年モデル「Surface Laptop3」の詳細スペックとPro6の比較表は以下のとおり。

主な仕様Surface Laptop3Surface Laptop2
CPU13インチ:クアッドコア第10世代 インテル® Core™ i5/i7
15インチ
Radeon™ Vega 9 グラフィックス
Microsoft Surface® エディション搭載 AMD Ryzen™ 5 3580U モバイルプロセッサ

Radeon™ RX Vega 11 グラフィックス
Microsoft Surface® エディション搭載 AMD Ryzen™ 7 3780U モバイルプロセッサ
インテル® Core™ 第 8 世代i5/i7
メモリ8GB/16GB8GB/16GB
記憶容量128GB/256GB/512GB/1TB128GB/256GB/512GB/1TB
バッテリー性能通常のデバイス使用時間:最大11.5時間ローカル動画再生:最大14.5時間
外部端子USB-C×1
USB-A×1
ヘッドホンジャック
Surface Connect端子
USB-A×1
ヘッドホンジャック
Surface Connect端子
画面サイズ13.5インチ
15インチ
13.5インチ
重量13.5インチ
ブラック/サンドストーン
1,288g
プラチナ/コバルトブルー
1,265g
15インチ
プラチナ/ブラック
1,542g
i5:1,252g
i7:1,283g
カラープラチナ/サンドストーン/コバルトブルー/ブラックプラチナ/バーガンディ/コバルトブルー/ブラック
価格126,800円~254,800円(税抜)
(法人向けを除く)
126,800円~315,800円(税抜)

外観は「Surface Laptop2」から継承されたシンプルなデザインがそのまま採用されました。記憶容量も128GBから選択することができます。

Laptop2との違い

Surface Laptop3の画像

前モデル「Surface Laptop2」から大きく変わったのは画面サイズのラインナップです。

従来の13.5インチに「Surface Book2」でお馴染みの15インチが追加されました。画面サイズによって搭載されるCPUや選ぶことができるカラーバリエーションも異なるので、前モデルと比較するとかなり選択肢の幅が広がりました。

マイクロソフトのSurfaceLaptop3
Surface Laptop3-マイクロソフト
マイクロソフトのSurfaceLaptop3イメージ
SurfaceLaptop3-マイクロソフト
マイクロソフトのSurfaceLaptop3横から見た写真
従来モデルと同じ薄さ-Surface Laptop3

カラーとキーボード素材

カラーバリエーションではバーガンディが廃止された代わりに新色となるサンドストーンが追加。キーボード部分の素材もアルカンターラとアルミ金属の2種類から選ぶことができるようになりました。

柔らかい手触りならアルカンターラ素材を、光沢感と固めが好みならアルミ素材を選ぶのがおすすめ。

ただし、キーボード素材は画面サイズやカラーごとに選べるものが決まっているので注意してください。

マイクロソフトのSurfaceLaptop3コバルトブルー
コバルトブルー-Surface Laptop3

トラックパッドとUSB

動作環境面ではトラックパッドが前モデルと比較して20%拡大したことやUSB-Cが新たに追加などの変更がありました。

既に搭載されているUSB-Aと使い分けることで、これまでよりも拡張性がアップグレードしより使いやすくなりそうです。

バッテリー性能の指標変更

カタログ上のバッテリー性能は最大11.5時間となっています。

今回のSurfaceシリーズではバッテリー性能についての指標が「通常のデバイス使用時間」と書かれており、前モデルまでの「ローカルドライブ上の動画再生」と異なります。

単純に比較するだけではどちらのバッテリー性能が優れているのかが分かりませんが、マイクロソフトの公式ではバッテリー駆動時間は維持しながら2倍のパフォーマンスを実現しているとされていました。

また、バッテリーを1時間で80%まで回復できる急速充電対応が新たに追加されています。こちらは同時発表された「Surface Pro7」でも対応するので興味のある人は参考にどうぞ⇒『【2019年モデル】SurfacePro7の詳細スペックとPro6との比較

Surface Laptop3の比較まとめ

マイクロソフトのSurfaceLaptop3

2019年モデルとなった「Surface Laptop3」を前モデルと比較してきました。

デザインは従来のモデルと同じでも、処理速度や操作性などのスペックはより魅力的にアップグレードされています。

同時発表されたタブレット端末「Surface Pro7」と同様、性能重視なら最新の「Surface Laptop3」を選ぶのがおすすめ。

コストパフォーマンス重視ならセールなどで価格が値下がりした「Surface Laptop2」を購入するのが狙い目でしょう。

「Surface Laptop2」のスペック情報は「【3分で分かる】Surface Laptop2|スペックまとめ」に詳しくまとめています。

作業するうえでノートパソコンを探している人には間違いなくおすすめですので、ぜひ最新モデルに興味がある人は参考にしてください。

マイクロソフトのSurfaceLaptop3
最新情報をチェックしよう!