ipad Pro2020年モデルの画像

iPad Pro2020年モデルと旧型のスペック比較と評価まとめ

アップル社のiPad Pro2020年モデルと旧型のスペックを比較した評価のまとめです。

今回発売される『iPad Pro』は旧型からのモデルチェンジとして、新たにデュアルカメラや最新のCPUなどが搭載されました。

既に旧型のiPad Proを使っている人やこれから購入を検討している人向けに2020年モデルのスペックの特徴を旧型と比較しながらご紹介していきます。

ipad Pro2020年モデルの画像

 

詳細スペックと旧型との比較

新たに発売された『iPad Pro』2020年モデルの基本スペックは以下のとおり。

 ipad Proipad Pro
画面サイズ11インチ/12.9インチ11インチ/12.9インチ
CPUA12Z BionicA12X Bionic
ディスプレイLiquid RetinaディスプレイLiquid Retinaディスプレイ
セキュリティ認証Face IDFace ID
カメラ性能12MP広角カメラ・10MP超広角カメラ10MP広角カメラ
記憶容量128GB/256GB/512GB/1TB64GB/256GB/512GB/1TB
バッテリー性能Wi-Fiでの利用:最大10時間Wi-Fiでの利用:最大10時間
外部端子USB-CコネクタUSB-Cコネクタ
カラーシルバー/スペースグレイシルバー/スペースグレイ
重量
(Wi-Fiモデル)
471g/641g468g/631g
価格
(Wi-Fiモデル)
84,800円~159,800円(税抜)89,800円~194,800円(税抜)

画面サイズ構成は旧型と同じく11インチ12.9インチの2モデルです。

CPUはA12Z Bionicにアップグレードされ、これまでよりさらにパソコンのような速さの処理速度が期待できます。

本体サイズやカラーバリエーション、バッテリー性能は変更なし。重量は僅かに重くなった程度。

その他のスペックについては大幅な変更が無く、今回のモデルチェンジにおけるカメラやCPU以外の変化は大きくありません。

超広角レンズによるカメラ機能の向上

カメラ機能の大きな変更点は2つのレンズによるデュアルカメラです。

新たに搭載された10MPの超広角カメラはこれまでよりも広い画角で撮影可能。

12MPに進化した広角カメラでは画素数が向上したことで、デジタルカメラのように高画質な撮影することができるようになりました。

 

また、今回搭載される『LiDAR スキャナ』は光検出と距離の測定に優れた新たなセンサー機能。

これまでよりも拡張現実がよりリアルになり、カメラと連動するARアプリなどの楽しみ方が広がることが期待できます。

選びやすくなった記憶容量と新価格

最低記憶容量は旧型の64GBから増え、128GBから選択可能。

価格自体は旧型よりも安くなっているので、これまでよりもコストパフォーマンスが向上したといえます。

ノートパソコンと比較しても価格は割安。

もしもパソコンの代わりとしての使用を想定するなら256GB以上がオススメ。

iPad Pro2020年モデルのスペック比較と評価のまとめ

アップル社のiPad Pro2020年モデルのスペック比較と評価についてまとめてきました。

革新的とまでは言えないものの、処理速度が向上したことでさらにパソコンの性能に近づいた『iPad Pro』は様々なユーザーのニーズに応えることができるタブレットです。

価格が下がったことで間違いなくお得な高性能デバイスになっているので、タブレットの購入を予定している人はぜひ購入候補として検討してみてください。

11インチはこちら⇊

12.9インチはこちら⇊

ipad Pro2020年モデルの画像
最新情報をチェックしよう!