リコーのコンパクトデジタルカメラGRⅢ
リコーのコンパクトデジタルカメラGRⅢ
リコー GRⅢのイメージ

リコーの「GRⅢ」とキヤノンの「Powershot G7XmarkⅡ」のスペックと比較についてのまとめです。

リコーのGRシリーズはカメラ好きのフォトグラファー達に人気があり、最強のスナップシューターとの呼び声もある高級コンパクトデジタルカメラです。同じく高級コンデジでライバル機種となるキヤノンの「Powershot G7XmarkⅡ」も、シェア率では高級コンデジの中でトップという実績を誇ります。

今回はライバル機種である2台を比較しながら、リコー「GRⅢ」の魅力について解説します。

「Powershot G7XmarkⅡ」のレビューについてはこちらから⇒『【レビュー】僕がPowerShot G7 X markⅡを選んだ理由まとめ

 

スペック比較表

GRⅢとG7XmarkⅡのスペックの比較については以下のとおりです。

 Canon G7XmarkⅡ
リコー GRⅢ
センサーサイズ1.0型APS-C
有効画素数約2,010万画素約2,424万画素
シャッタースピード1/2,000秒~30秒1/4,000秒~30秒
ISO感度125~12800100~102400
連続撮影速度約8.0コマ/秒約4.0コマ/秒
モニターチルト式
固定式
手ブレ補正機構4段分4段分
焦点距離24-100mm28mm
最小F値F1.8-F2.8F2.8
Wi-Fi
Bluetooth
タッチパネル
内蔵メモリ2GB
ローパスフィルターレス
内蔵ストロボ
撮影可能枚数
(バッテリー性能)
265枚200枚
サイズ
(幅×高さ×奥行き)
105.5×60.9×42.2mm109.4×61.9×33.2mm
重量約294g(本体のみ)約227g(本体のみ)
メーカー参考価格75,384円(税込)121,500円(税込)

魅力その1:ボディとセンサーサイズ

GRⅢのボディデザインはGRⅡからほとんど変更が無く、胸ポケットにも入るというコンパクトさは健在。G7XmarkⅡとの比較では奥行きの差が約1cmもあります。

センサーサイズは高級コンパクトデジタルカメラの中でも大型のAPS-Cセンサーが搭載され、小さなボディサイズとは思えない高画質が期待できます。G7XmarkⅡに搭載されている1.0型と比較するとセンサーサイズは約3倍。有効画素数の多さもGRⅢに大きなアドバンテージがあります。

魅力その2:豊富な外部アクセサリー

コンパクトでシンプルなデザインのGRⅢですが、純正のアクセサリーは豊富です。

別売りの外部ストロボや外部ファインダーをはじめ、リングキャップなどを装着することで自分好みに様々なカスタマイズが可能です。21mm相当の画角になるワイドコンバージョンレンズを装着すればより広角な写真が撮れるようになり、単焦点レンズを補いながら表現の幅を広げることができます。

譲れない改善点

一見優秀に見えるGRⅢですが、どうしても無視できない改善点が幾つかあります。

まずバッテリー性能については、前機種のGRⅡよりも撮影枚数が少なくなってしまっていることが気になります。これは有効画素数や手ブレ補正の向上に加えてBluetoothなどの機能が搭載されたことが影響しているのかもしれません。

また、価格に関してはコンパクトデジタルカメラとしては高価格帯の部類になります。単焦点レンズであることやコストパフォーマンスを考えると、カメラ初心者にはオススメしづらい機種という印象です。

これからカメラを始めるという初心者や旅行で色々な被写体を撮影したいという人には、ズームができてバッテリー性能の良いG7XmarkⅡのほうが満足できるはずです。

GRⅢに関するまとめ

GRⅢの魅力を簡潔にまとめると以下のようになります。

・胸ポケットに入るコンパクトボディ

・APS-Cセンサーによる高画質

・個性が出せる豊富なアクセサリー

総合的にみてみると、GRⅡから大きな向上が見られるGRⅢはカメラを趣味とする人にとってはワクワクさせてくれる機種であることが分かります。ポケットに入れて気軽にスナップ撮影できるカメラが欲しい人にはちょうど良いサイズであり、サブ機として購入すれば必ず所有欲を満たしてくれるでしょう。

ただ、必ずしも一般大衆向けのカメラであるとは言えないので、あえて1台だけを所持するとすれば個人的にはG7XmarkⅡをおすすめしたいところです。

スナップシューターとしてはどちらの機種も十分優秀なスペックになっているので、画質にこだわるならGRⅢを、利便性を優先するならG7XmarkⅡをといったように使い分けることが大切です。

今回ご紹介したカメラ⇊

リコーのコンパクトデジタルカメラGRⅢ
最新情報をチェックしよう!