ブログイメージ

SEOライティングのコツ|読者目線のブログの書き方

ブログを運営してる人にとってSEOライティングは無視できない知識の1つ。

SEOライティングとは検索順位で上位表示されるための文章作成のことで、ブログの読者を増やすために欠かせない重要なテクニックです。

  • ブログを始めたいけど、良い記事の書き方が分からない
  • 記事は増やしているのにPV数が増えてこない

これらの悩みを持っている人はSEOライティングに関する知識が足りていないことが原因かもしれません。

SEOライティングには色々な方法がありますが、今回は読者を多く集めることやPV数のアップに直接関係してくる『読者目線の記事の書き方』についてまとめていきます。

読者目線の記事とは

読者目線の記事とは、読者の問題を解決し、求めている答えに導くことができる記事のことです

読者は何を求めて記事を読むのでしょうか。

自分が読者になった時のことを考えてみましょう。

例えば、Aというパソコンの購入を検討している時、購入してから後悔するのは絶対に避けたいですよね。

そのためには、購入前に詳細なスペックや既に購入している人のレビューをチェックするはずです。そしてある程度満足できるまで調べ終えた後、購入するかしないかは恐らく決まっているでしょう。

つまりそれぞれの読者が求めているのは、いま抱えている迷いや問題を解決するための答えや情報です。

今回の場合は、以下のようなパターンになります。

Aというパソコンを買っても大丈夫か⇒スペックは?周りの評価は?

 

1年間使ってみたAのレビュー⇒スペック良し!レビュー良し!

 

これがSEOライティングにおける読者目線に立った記事の基本中の基本です。

具体的なレビュー記事とはどのようなものか知りたい人は『Surface Book2のレビュー|クリエイター向け製品を徹底解説』を参考にしてください。

誰に向けた記事かハッキリさせる

読者が抱える問題を解決できる、ピッタリの素晴らしい答えが用意されている記事があるとします。

でも、答えの存在を知ってもらわなければ読んでもらえるかは分かりません。

そこでSEOライティングです。

SEOライティングとして重要なのは、誰に向けた記事なのかを序盤にハッキリ書くこと。

読者は記事を読み始めてから僅か2~3行で自分の目的に合うか合わないかを判断できます。会話の上でもまず結論から話すことが重要と言われるのは、聞き手のニーズに合っているかが冒頭で分かってしまうから。

誰に向けたものなのかが重要なのは、会話もブログも全く同じです。

キーワードと冒頭文

タイトルや見出し、冒頭部分を読者目線で書くこともSEOライティングとして重要です。

この記事はこういう悩みや問題を抱えている人に向けた記事です、ということをしっかりアピールしましょう。

タイトルや見出しは読者が関連付けて検索しそうなキーワードの選定や組み合わせが有効です。キーワードの組み合わせについては、実際に自分で検索して調査するなどちょっとしたことから始められます。

冒頭部分はこんな悩みを抱えていませんか、といったように読者に対して具体的に投げかけてみましょう。

冒頭部分の投げかけで読者の共感を得ることができれば、先に用意している答えまで読んでもらえる確率は高まります。

SEOライティング・読者目線での書き方まとめ

読者目線での書き方に関するSEOライティングについてまとめてきました。

長くなりましたが、結局は『何を求めている人向けの記事なのかを意識する』という一言に尽きます。SEOライティングを身に着けるためには慣れるまで意識して書き続けるしかありません。

ブログ運営は僕自身もまだまだ勉強しなければならないことばかりですので、一緒に頑張っていきましょう。

ブログイメージ
最新情報をチェックしよう!