新型iPadPro

2018年に発売が発表された新型ipad Proのスペックと魅力に関するまとめです。

Appleが10月30日のイベントで、タブレットの中でも上位機種である「ipad Pro」の新型を発表しました。どんな製品なのか気になっている人も多いと思うので、今回は前機種からどの点が変わり良くなったのか、ポイントを絞って分かりやすくまとめていきます。

また、ライバル機種となるマイクロソフト社のSurface Pro6との比較もあるのでご参考までに。

【徹底比較】新型ipad ProとSurface Pro6どちらがおすすめか?

ホームボタンを廃止した大画面

新型ipad Proは2つのサイズで登場-公式サイトより

新型ipad Proでは先に発売されているiphoneXシリーズのようにホームボタンが廃止され、スクリーン部分がより大きく広がり今までにない大画面となりました。

画面サイズは11インチと12.9インチの2種類。ボディの大きさ自体はほとんど変わらないのに薄くなっているため、携帯性は旧型と比べてむしろ向上しています。

Face ID搭載

ホームボタン廃止に伴いこれまでのTouch IDが無くなる代わりとしてFace IDが搭載されます。

ipad Proを一目見るだけでロック解除やログイン、支払いなど様々な機能が安全に使えますので、パスワードを入力する手間が省けて非常に便利。最新のテクノロジーを使ったカメラシステムのおかげで、縦向きと横向きのどちらでも使うことができます。

USB-C搭載

Apple社独自だったlightnigが廃止となり、充電部分のコネクタがUSB-Cとなりました。

カメラや他のデバイスとの互換性が向上し、今までよりも使いやすくなることが期待されます。

アクセサリも一新

新型ipad Proと合わせて使えるアクセサリも一新されています。

第2世代となる「Apple Pencil」は新型ipad Proと磁力でくっつくので、ペアリングや充電をしたい時は磁力でくっつけておくだけで簡単にできます。カバー代わりにもなる新たなキーボード「Smart Keyboard Folio」はデザインが新しくなり、これまで変えられなかった画面の角度を2つの角度から選ぶことができるようになりました。

持ち運び時はカバーを閉じておき、パソコンとして使いたい時にはカバーを開くだけでいいので名前のとおりスマートな使い方ができます。

デザインを新しくしたアクセサリ-公式サイトより

ipad Pro新旧比較表

最後に、新型と旧型でどこが変わったのか、「ipad Pro」についてじっくり知りたい人向けに比較表にまとめておきましたので参考までにご覧ください。

 新型 ipad Pro旧型 ipad Pro
画面サイズ11インチ/12.9インチ10.5インチ/12.9インチ
CPUA12 BionicA10X Fusion
ディスプレイLiquid RetinaディスプレイRetinaディスプレイ
認証Face IDTouch ID
記憶容量64GB/128GB/256GB/1TB128GB/256GB/512GB
バッテリー性能Wi-Fiでの利用:最大10時間Wi-Fiでの利用:最大10時間
重量
(Wi-Fiモデル)
468g/631g469g/677g
外部端子USB-CコネクタLightingコネクタ
カラーシルバー/スペースグレイシルバー/スペースグレイ/ゴールド/ローズゴールド
価格
(Wi-Fiモデル)
89,800円~194,800円(税抜き)69,800円~194,800円(税抜き)

2018年モデルのiPad Proのまとめ

新型ipad Proについてまとめてきました。

価格については、旧型からそれほど大きく変わりませんでしたね。画面が大きくなったことで写真を見る人やアプリでゲームをする人、動画を見る人など多くの人にとって期待できる新製品となっているのではないでしょうか。

発売日は11月7日ですので、もうまもなく手に入れることができます。

スーパーコンピュータ並みのタブレットを使ってみたい人はぜひ参考にしてみてください。

新型iPadPro
最新情報をチェックしよう!