ジェットスターの予約キャンセルの対処方法記事

【解決】ジェットスターのライブチャットが繋がらない時の対処法

ジェットスターのライブチャットが混雑などで繋がらない時の対処法についてのまとめです。

旅行や出張で予約していた飛行機が遅延や欠航などした場合、ジェットスターでは振り替えやキャンセル、払い戻しをするためにオンラインでライブチャット機能を使用することがあります。

しかし、問い合わせが殺到すると繋がらない状態が続いてしまい、なかなか手続きが出来ずに困ってしまっている人もいるのではないでしょうか。

そこで、今回はオンラインで手続きしなければならない人向けに、ジェットスターのライブチャットが繋がらない時の対処法をケース別に紹介していきます。

ケース①入力できたけど繋がらなかった場合

ライブチャット開始画面で氏名やメールアドレス、予約番号などの情報入力ができたけど繋がらなかった場合をケース①とします。

このケース①では『チャットを開いたままにして、定期的に確認をお願いします。』というメッセージが表示されているはずです。

ジェットスターのライブチャットが繋がらない時の対処法
ジェットスターのライブチャットでの接続待ち画面

この場合はメッセージの指示通り、ライブチャットを開いたままの状態でしばらく待ちましょう。

よくやりがちなのがページ更新や再接続などですが、これはやってはいけません。

スマートフォンやパソコンの画面がスリープ状態にならないよう気を付けながら確認していれば10分~20分程度で繋がりますので、自分の順番になるまで焦らず待機しましょう。

僕の場合は待機画面が表示されてから約15分で繋がり、無事に手続きを完了することができました。

ケース②情報入力が出来ない場合

もう1つのケースとして、情報入力までたどり着けずに『ただいま窓口が大変混み合っております~』というメッセージが表示される場合があります。

この場合は、ケース①のように待機するのではなく、ページ更新や再接続を行うようにしましょう。

それでもライブチャットに繋がらない場合には、時間を置いてから混雑してないタイミングを狙って試してみるのも一つの手です。

まずは入力画面が表示され、ケース①のような状態になるのを確認しましょう。

ジェットスターのライブチャットで繋がらない時の対処法まとめ記事画像
ジェットスターのライブチャットの情報入力画面

 

ジェットスターのライブチャット対処法のまとめ

ジェットスターのライブチャットに繋がらない時の対処法についてまとめてきました。

ラインやカカオトークのようなリアルタイムでの会話形式で手続きできるライブチャット自体は非常に便利で簡単。

会社側の都合で遅延や欠航になった場合には、払い戻しや返金などの対応も取ってくれることがあります。

急いで手続きしなきゃいけないのになかなか繋がらない時には今回の対処法が役に立つはずなので、ぜひ覚えておきましょう。

ジェットスターの予約キャンセルの対処方法記事

ジェットスターの予約キャンセルの対処方法記事
最新情報をチェックしよう!