Apple社のスマートフォンiPhoneシリーズの比較記事イメージ画像

2019年モデルの新型iPhoneの発表と購入予約の始まりからあっという間に時間が経ち、各携帯会社から続々と発売が開始されました。

今回発売されたのは「iPhone11」、「iPhone11 Pro」、「iPhone11 ProMaxの3モデル。スペックを比較してみるとそれぞれに特徴があります。

このうち「iPhone11」は2018年に発売された「iPhoneXR」の後継機にあたり、3機種の中では価格が最もリーズナブル。高額化するiPhoneシリーズの中でも手に入れやすい価格なので機種変更を検討しているユーザーも多いのではないでしょうか。

僕も現在2年以上使用している「iPhone7」からの機種変更するにあたり、最新の「iPhone11」と値下げされた「iPhoneXR」のどちらにするべきか迷っていたところです。

しかし総合的に判断した結果、機種変更するなら「iPhone11」を選ぶべきだという結論に至りました。

そこで、iPhone7ユーザーとしての視点からiPhone11とiPhoneXR、2機種のスペックを比較した場合になぜ「iPhone11」を選ぶべきなのかを説明していきます。

各モデルのスペック比較

iPhone11などの機種変更のためのスペック比較画像
iPhoneスペック比較-Apple公式サイト

今回対象としているiPhone3モデルのスペック比較は以下のとおりです。

 iPhone 7iPhone XRiPhone 11
サイズ4.7インチ6.1インチ6.1インチ
CPUA10A12A13
ディスプレイRetina HDLiquid Retina HDLiquid Retina HD
ロック認証Touch IDFace IDFace ID
ホームボタン
バッテリー性能ビデオ再生:最大13時間ビデオ再生:最大16時間ビデオ再生:最大17時間
カメラシングル12MP シングル12MP デュアル12MP
撮影モードポートレートモードポートレートモード
ナイトモード
防水性能水深1m最大30分間水深1m最大30分間水深2m最大30分間
重量138g194g194g
カラーバリエーション4色6色6色
記憶容量64GB/128GB64GB/128GB64GB/128GB/256GB
価格

64,800円~(税抜き)74,800円~(税抜き)

バッテリー性能などスペックの進化以外にiPhone7と2機種の大きな違いは、ホームボタン廃止やFaceID導入などが挙げられます。

カラーバリエーションが豊富な点は上位モデルの「iPhone11 Pro」には無い点であり、ユーザーにとっては選択肢が増えたことになるので好感が持てます。

iPhoneXRの魅力

iPhoneXRはiPhoneXSの下位互換として2018年に発売されました。

iPhoneXRを選ぶうえで最も魅力的なのはコストパフォーマンスです。iPhone11が発売されたことで値下げされ、今までよりも手に入れやすくなりました。

カメラのスペックはポートレートモードが搭載されている以外に、iPhone7と大きな違いがありません。

iPhone11のような超広角レンズとナイトモードなどの機能はありませんが、写真にこだわりないユーザーが少しでも携帯代を安くしたいのであれば型落ちして買いやすくなったiPhineXRを選ぶのが良いでしょう。

iPhone11の魅力

2019年発売のiPhone11はデュアルカメラとナイトモードの2つによって強化されたカメラ性能の高さが魅力です。

iPhoneXSで初めて搭載された2つのレンズは広角から超広角まで撮影可能。今回から登場した新機能「ナイトモード」と組み合わせることで、これまでスマートフォンが苦手としていた夜景などの風景写真も一眼レフカメラで撮ったような写真を撮影することができます。

細かなスペックではバッテリー性能や防水性能の向上、記憶容量が256GBまで選択できることなど正当な進化があり全体的に使いやすくなっています。

コスパは無視でiPhone11を

iPhone11とiPhoneXRとの本体価格差は約1万円。価格だけをみるとiPhoneXRのほうがコストパフォーマンスが高くてお得であるようにみえてしまいます。

しかし、長い目で見れば価格差によるコストパフォーマンスはほとんど意味がありません。

例えばドコモのオンラインショップで購入シミュレーションをした場合、分割払いでは毎月およそ300円ほどの差額になります。

ドコモオンラインでのiPhone11の価格
iPhone11の価格-ドコモオンラインショップ
ドコモオンラインショップでのiPhoneXRの価格
iPhoneXRの価格-ドコモオンラインショップ

ペットボトルの飲み物を2本我慢すれば賄えてしまうこの300円を高いか安いかどちらに捉えるかは人それぞれですが、個人的にはこの価格差であればコストパフォーマンスは無視してiPhone11に機種変更するでしょう。

また、iPhoneXRは発売当初からわずか2ヵ月で値下げが行われました。今後の売れ行き次第ではiPhone11にも値下げの可能性はありますので、早急に機種変更が必要無いユーザーは購入するタイミングをもう少し待つことをオススメします。

iPhoneユーザーとしてのこれから

iPhoneを使い始めてから数年経ちますが、新しいモデルが発表されるたびに機種変更を検討してしまうほどスペックが魅力的に進化しています。

今回発売したiPhone11やiPhone11 Proのカメラ機能の向上は素晴らしいものがあり、写真撮影がもっと楽しくなることが期待できます。

気がかりがあるとすれば、本体サイズがどんどん巨大化していることです。iPhoneX以降は手が小さいユーザーが片手で扱うのに苦労してしまい、大きさを原因として機種変更に抵抗があるユーザーも多いことでしょう。

また、カメラ性能向上の代償としてレンズの数が増えたことで、背面デザインが悪くなっているようにも見えてしまいました。ケースをデザインする側も苦労していることでしょう。

とはいえ、処理速度やバッテリー性能などのスペックは他のスマートフォンよりも上であることに間違いないです。

今後もiPhoneシリーズのモデルを比較しながら、機種変更を検討してみます。

Apple社のスマートフォンiPhoneシリーズの比較記事イメージ画像

Apple社のスマートフォンiPhoneシリーズの比較記事イメージ画像
最新情報をチェックしよう!