カッティングボードに乗ったレモン

熱中症対策にオススメの食べ物と栄養素まとめ

異常な暑さを記録している今の日本では、毎日のように熱中症で救急搬送されている様子がニュースで取り上げられている状況です。

しかしながら、熱中症対策には普段の生活で取り入れる食べ物の中に効果的なものがあるのをご存知でしょうか。

今回は熱中症対策にオススメの食べ物と取り入れておきたい栄養素をご紹介します。

熱中症対策に必要な栄養素

汗をかくと失われるのは水分だけではなく、塩分やカリウムなどのミネラル類も失われていきます。

これらが不足することにより熱中症になるリスクは高くなるので、どんな栄養素を積極的に取り入れるべきなのかやそれぞれの働きをまとめておきます。

カリウム

カリウムには細胞内の水分を保持する働きがあります。

カリウムが不足すると細胞内が脱水症状の状態になり、熱中症になった場合には重要な臓器が機能を発揮できないばかりか障害を引き起こしてしまう危険があるのです。

インゲン、そら豆、ジャガイモ、里芋、アーモンド、落花生、バナナなど

ビタミンB1

ビタミンB1には糖質を分解してエネルギーに変えたり、疲労回復に効果がある成分です。

不足したまま熱中症になってしまうと、手足のしびれや食欲不振など症状が悪化してしまう恐れがあります。

豚肉、うなぎ、大豆、タラコ、海苔など

クエン酸

クエン酸はレモンなどの柑橘類に多く含まれているいわゆる酸っぱい成分です。

疲労の原因となる乳酸の発生を抑え、疲労回復に効果があります。ビタミンやミネラルの吸収を促進する働きがあるため、熱中症対策には効果抜群です。

その他にも若返りのビタミンといわれるパロチンの働きを活性化させる効果があり、アンチエイジングや美肌にも有効な成分です。

梅干し、レモン、グレープフルーツ、黒酢、食酢など

おすすめの食べ物

上記の栄養素がバランス良く効果的に摂取する必要があります。

ここでは、熱中症対策におすすめの食べ物の例を紹介しておきます。

ポークカレー

ポークカレーはビタミンB1を多く含む豚肉やカリウムを多く含むジャガイモなどを使うことで熱中症対策に必要な栄養素をまとめて摂ることができます。

また、カレーに含まれるスパイスには食欲増進の効果もあり、ビタミンを多く含む夏野菜を入れるなどのアレンジもできるので暑い夏にはピッタリの料理です。

冷しゃぶサラダ

冷しゃぶサラダはビタミンB1を多く含む豚肉、カリウムを多く含む豆類、ビタミン各種を含む野菜を使ったヘルシーな料理です。

ドレッシング代わりにポン酢を使ったり、梅干しを付け合わせればクエン酸も摂取することができます。

スイカ

料理ではありませんが、夏の定番の食べ物であるスイカにはカリウムやビタミンが多く含まれていて水分も多く、スポーツドリンクの代わりになります。

塩をふりかければミネラルも摂れるので、熱中症対策に必要な栄養素を同時に摂り入れることができます。かなり前からよく知られている食べ方ですが、現在の研究では効果的であることがちゃんと証明されているので、昔の人はよく思いついたなあと思います。

熱中症対策におすすめの食べ物まとめ

熱中症対策におすすめの食べ物についてご紹介しました。

今は外出先だけでなく、自宅の中でも熱中症になる危険があるほどの猛暑です。部屋の空調管理も大切ですが、普段の食事にも気を付けて体調管理の面からも熱中症のリスクを下げることができます。

必要な栄養素を意識して摂り入れて、暑い夏を乗り切りましょう。

参考:環境省熱中症予防サイト⇒http://www.wbgt.env.go.jp/

参考:熱中症対策ゼロへ⇒https://www.netsuzero.jp/

カッティングボードに乗ったレモン
最新情報をチェックしよう!