Googleアナリティクスを使った分析イメージ画像

【簡単解決】Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法

サイトやブログの運営者がアクセス数を把握するために導入することが多い分析ツール「Googleアナリティクス」。

訪問者や累計PV数などをリアルタイムで把握できるのでとても便利なGoogleアナリティクスですが、フツーに使っているだけだと自分自身をカウントしてしまっているため正確な数が分からなくなってしまいます。

正確なアクセス数の把握は人気コンテンツやネットでの需要を知るために絶対に必要で、サイトやブログの人気に大きく関わってきます。

そこで、今回はGoogleアナリティクスで自分のアクセスを除外する簡単な方法をご紹介します。有料ソフトなどのダウンロードは一切不要。

「分析ツールは初めてなので設定方法がよく分からない」

「自分のアクセスを除外して正確なPV数を知りたい」

そんなお悩みを持つ人向けに、誰でも簡単にできる方法を解説していきますのでぜひ参考にしてください。

Googleアナリティクスを使った分析イメージ画像

自分のアクセスを除外する方法

Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法は2つあります。

①自分のIPアドレスをフィルター設定する

②プラグインを導入する

このうち、今回ご紹介するのはGoogleアナリティクスの管理機能から「①自分のIPアドレスをフィルター設定する」になります。

②はワードプレス(Wordpress)でサイト運営をしている人向けになるので、全ての人が行える方法ではありません。

自分のIPアドレスさえ知ることができれば誰でも除外できる方法ですので、順を追って説明していきます。

IPアドレスを確認する

Googleアナリティクスの管理画面を開くまえに、まずは自分のIPアドレスを確認しましょう。

IPアドレス……インターネットのページなどを閲覧する時にアクセス元を把握するための識別番号
簡単なのはIPアドレスを確認するためのサイトに訪問することです。
こちらのサイトでは「IPアドレスを確認」をクリックするだけで自分のIPアドレスを無料で教えてもらえます。

Googleアナリティクスでの設定方法

IPアドレスを確認したらGoogleアナリティクスの管理画面でフィルター設定します。

Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する設定方法
左下のアイコンをクリック-Googleアナリティクス

一番右の「ビュー」の中の「フィルタ」を開きます。続いて「フィルタを追加」をクリックすると入力画面が開きます。

Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する設定方法②
フィルタアイコンをクリック-Googleアナリティクス
Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法まとめ3
「フィルタを追加」をクリック-Googleアナリティクス
Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する設定方法まとめ5
必要項目をすべて入力-Googleアナリティクス

フィルタの種類の中から「除外」と「IPアドレスからのトラフィック」を選択。

確認したIPアドレスを入力して保存すれば設定完了です。

IPアドレスの注意点

1つ注意しなければならないのは、IPアドレスは変わる可能性が高いということです。

これはインターネット接続に使用するプロバイダの都合などで定期的に変更されてしまうためです。

もしも自分のアクセスが再びカウントされているようなら、再度IPアドレスを確認してフィルター設定する必要があるのでご注意ください。

自分のアクセスを除外する方法まとめ

Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法についてご紹介してきました。

アクセス数やPV数を把握するためにGoogleアナリティクスはとても便利な分析ツールです。

自分を除外するように正しく設定することで、質の高いサイトやブログ運営を目指しましょう。

合わせて読みたい⇒『【SEO対策】クリック率を1週間で上げるブログ記事作成方法

Googleアナリティクスを使った分析イメージ画像
最新情報をチェックしよう!