キヤノンの標準ズームレンズ『RF24-105mm F4-7.1 IS STM』の画像

RF24-105mm STMとUSMの2本のうち、どちらを買うべきか迷っている人向けに選び方とオススメのポイントを解説していきます。

24-105mmは1本だけ持ち歩きたい時や旅行などに便利な焦点距離なので、購入を検討している人も多いはず。

結論から言えば、日常的に撮影する初心者やアマチュアには「RF24-105mm F4-7.1mm IS STM」がオススメです。

なぜ「RF24-105mm F4-7.1mm IS STM」なのか、詳しい理由と比較のポイントについてをまとめています。

詳細スペックの比較

2つのレンズのスペックの比較は以下のとおり。

名称RF24-105mm F4L IS USM RF24-105mm F4-7.1 IS STM
焦点距離24~105mm24~105mm
開放F値F4F4-7.1
手ブレ補正
防塵
防滴
マクロ機能
最短撮影距離0.45m0.13m
フィルター径77mm67mm
重量700g395g
メーカー参考価格(税抜き)139,500円60,000円

2つを比較する際に注目すべき違いはF値固定、マクロ機能、防塵防滴、価格差の4点です。

・F値⇒最小F値がF4-7.1で変化

・マクロ撮影⇒テーブルフォト撮影等に便利

・防塵防滴対応無し⇒雨天時の使用は注意が必要

・価格⇒コストパフォーマンス良し

『RF24-105mm F4L IS USM』はどの焦点距離でも最小F値がF4で撮影することができます。一方、「RF24-105mm F4-7.1mm IS STM」は広角から望遠に焦点距離が変わるなかで設定できる最小F値がF4-7.1と変化します。

上記のことを含め、画質や性能にこだわるプロやハイアマチュア向けなのは言うまでもなく『RF24-105mm F4L IS USM』です。防塵防滴仕様になっているのも過酷な現場で撮影するプロフォトグラファーの利用を想定しているためでもあります。

しかし、実際の使い勝手や価格までを含めて総合的に考慮すると大衆向けとしてオススメなのは「RF24-105mm F4-7.1mm IS STM」となります。

F4-7.1のオススメポイント

キヤノンの標準ズームレンズ『RF24-105mm F4-7.1 IS STM』の画像

RF24-105mm F4-7.1mm IS STMのオススメポイントは、何と言っても携帯性とコストパフォーマンスの高さです。

重量と価格は『RF24-105mm F4L IS USM』の約半分程度。

小型軽量が長所であるミラーレスカメラの特徴を活かすことができるので、初心者や予算が限られているアマチュア向けのレンズだと言えます。

また、特徴の1つであるマクロ機能は料理や小物などの撮影にも役立ちます。マクロレンズを別に購入しなくてもマクロ撮影ができるので、テーブルフォトを撮影する人も購入候補として積極的に検討してみてはいかがでしょうか。

RF24-105mm F4-7.1 IS STMのマクロ撮影イメージ
接写によるマクロ撮影-キヤノン
RF24-105mmのマクロ作品
マクロ撮影のイメージ-キヤノン

RF24-105mmの2本のレンズ比較まとめ

キヤノンのフルサイズミラーレス用のRF24-105mmの2本のレンズの比較についてまとめてきました。

ラインナップが増えてきたRFマウントレンズの中でも「RF24-105mm F4-7.1mm IS STM」は初心者やアマチュア向けとしてオススメのレンズ。

小型軽量モデルの『EOS RP』と合わせればフルサイズミラーレスカメラが重量1㎏未満で扱えるというから驚きです。

お得なレンズキットも発売されているのでぜひ検討してみてください。

今回ご紹介したレンズはこちら⇊

関連記事⇒『【初心者におすすめ】フルサイズミラーレスカメラEOS RPのスペック

キヤノンの標準ズームレンズ『RF24-105mm F4-7.1 IS STM』の画像
最新情報をチェックしよう!