キヤノンEF70-200mmF2.8

【レビュー】Canon EF70-200mm F2.8L IS USMⅡの実写作例

以前の記事ではCanon EF70-200mm 2本のリニューアルに伴い、大三元レンズの1つであるCanon EF70-200mm F2.8L IS  USMⅡの優れている点についてまとめてみました。

キヤノンの望遠ズームレンズ【EF70-200mm】がモデルチェンジ

今回は実際に大三元レンズの1つである、Canon EF70-200mm F2.8L IS  USMⅡで撮ったいくつかの作例を紹介したいと思います。

室内編:テーブルフォト

まずは室内でテーブルフォトとして試し撮り。

ボケ具合についてをチェックします。

F6.3/1/30秒/ISO200でピントは手前の腕時計。

ブロアーはボケていますが、まだわりと輪郭が分かります。

F2.8 /1/125秒/ISO200で撮影。

今度は奥側のブロアーにピント合わせ。腕時計の輪郭が分かりにくくなるほどボケ味が強くなりました。2つの距離は20cmほどしか離れていませんが、ご覧のとおりかなりボケが強く出ます。

動体編:飛行機

続いて屋外での撮影です。

今回は動きモノとして飛行機を撮りました。

F2.8/1/1600秒/ISO125で撮影。

静物編:花

3つ目は静物として花の撮影です。

F2.8/1/400秒/ISO200で撮影。

前ボケに黄色い花を利用しました。全体的にシャープな写りになっています。

Canon EF70-200mm F2.8L IS USMⅡのまとめ

いかがでしたでしょうか?

F2.8の現行型は約8年半前に発売されたということもあり、逆光性能を不満に感じる方もいるみたいです。

個人的には逆光での撮影はほとんどないので買い替える必要はないかなと思っています。いま現在購入を迷われている方も、自分がどんな被写体をどんなシチュエーションで撮るのか、一度じっくり考えてみてください。

そうすれば、新型か現行型か、或いはF2.8かF4かという選択の中で自分に必要なものがおのずと分かってくるはずです。最終的には、お小遣いとの調整になっちゃうかもしれませんが。(笑)

あわせて読みたい『【カメラ】開放F2.8の大三元レンズは購入するべきか。

キヤノンEF70-200mmF2.8
最新情報をチェックしよう!