キヤノンのフルサイズセンサー搭載の一眼レフカメラ6DMarkⅡのレンズキット

キヤノンのフルサイズセンサー搭載の一眼レフカメラのなかでミドルクラス向けとなる「6D MarkⅡ」のレンズキットのオススメをご紹介します。

バリアングルモニター搭載の小型・軽量モデルの一眼レフカメラ『6D MarkⅡ』をレンズと一緒に手に入れられるお得なレンズキットは2種類。

2つのレンズキットのうち、僕がオススメするのはEF24-105mm F3.5-5.6 IS STM』との組み合わせです。

なぜオススメなのか、その理由と2つのレンズの特徴と違いをご紹介していきます。 

キヤノンのフルサイズセンサー搭載の一眼レフカメラ6DMarkⅡのレンズキット

6D Mark Ⅱキットレンズのスペック比較

各キットレンズのスペックは以下のとおりです。

名称EF24-105mm F3.5-5.6 IS STM EF24-70mm F4L IS USM
焦点距離24~105mm24~70mm
開放F値F3.5-5.6F4
手ブレ補正
防塵
防滴
マクロ撮影
最短撮影距離0.4m0.38m
(マクロ切替え時0.2m)
フィルター径77mm77mm
重量525g600g
メーカー参考価格(税抜き)59,500円134,100円

2つのレンズの違いで注目すべきなのは『最大焦点距離・防塵防滴・マクロ機能』の3つのスペック。

特に防塵防滴とマクロ機能は人によって必要の有無が変わってくるので、それぞれの特徴についてご紹介していきます。

EF24-105mm F3.5-5.6 IS STM

キヤノンの標準ズームレンズEF24-105mm F3.5-5.6

標準ズームレンズ『EF24-105mm F3.5-5.6 IS STM』の特徴は携帯性とコストパフォーマンスの良さ。

軽量な『6D MarkⅡ』に合わせるならレンズも軽いほうが負担が少なくなるので携帯性というメリットが大きく感じられるでしょう。キヤノンには他にプロ向けのLレンズ『EF24-105mm F4L IS USM』シリーズがありますが、コストパフォーマンス等を考慮すると『EF24-105mm F3.5-5.6 IS STM』がオススメです。

また、最大焦点距離が105mmまでカバーできるのでレンズを何本も持ち運べない時や旅行などにも活躍してくれます。

EF24-70mm F4L IS USM

キヤノンの一眼レフカメラ用レンズEF24-70mm F4

2本目の『EF24-70mm F4L IS USM』はキヤノンのプロ向け標準ズームレンズです。

どんな環境でも使用できるよう防塵防滴性能やレンズ表面の汚れが取りやすくなるフッ素コーティングが施されていて、プロのフォトグラファーの為に開発されたレンズだといえます。

マクロ撮影機能も備わっているので、風景からテーブルフォトまで様々な被写体にこのレンズ1本で対応することが可能です。様々な性能が施されている分、価格も『EF24-105mm F3.5-5.6 IS STM』の2倍以上。

仕事で使う人や写真にこだわりたい人向けのレンズとなります。

差額でレンズを買い足す

レンズキットになっている『EF24-105mm F3.5-5.6 IS STM』と『EF24-70mm F4L IS USM』の価格差は約5~6万円。

これだけの価格差があるならレンズキットとは別にレンズを買い足すことも可能です。

標準ズームレンズの『EF24-105mm F3.5-5.6 IS STM』に買い足すのなら、単焦点レンズの『EF50mm F1.8 STM』や『EF 40mm F2.8 STM』がオススメ。

どちらも小型軽量で開放F値が明るいのにコストパフォーマンスに優れているので、初心者がキットレンズに買い足す1本目としては相応しいレンズといえます。

キヤノンのEOS 6D MarkⅡのレンズキットのオススメまとめ

キヤノンの一眼レフカメラ『6D MarkⅡ』のレンズキットのオススメについてまとめてきました。

2本のレンズは性能的に近いため迷ってしまうかもしれませんが、フルサイズセンサー搭載カメラの入門機である『6D MarkⅡ』に合わせるなら軽量かつコストパフォーマンスに優れている『EF24-105mm F3.5-5.6 IS STM』がピッタリです。画質的にもLレンズに勝るとも劣らないので、最初の1台として『6D MarkⅡ』のレンズキットを検討中の皆さんはぜひ参考にしてください。

6DMarkⅡのレビューはこちら⇒『【レビュー】買って良かったキヤノンの6D markⅡのまとめ

 

今回ご紹介したオススメのレンズキット⇊

カメラボディ単体はこちら⇊

キヤノンのフルサイズセンサー搭載の一眼レフカメラ6DMarkⅡのレンズキット
最新情報をチェックしよう!