ニコン Z6Ⅱのイメージ画像

ニコン Z6ⅡとZ6の違いを比較した評価まとめ

ニコン Z6ⅡとZ6の比較と評価のまとめです。

Z6Ⅱはニコン(nikon)のフルサイズミラーレスカメラの中でもスタンダードモデルであるZ6の後継機。

一見しただけでは旧モデルから全然進化してないようにも見えますが、動きモノを撮影するフォトグラファーにとっては嬉しい機能が追加されているんです。

今回はニコン Z6Ⅱと旧モデルであるZ6のスペックの違いを比較しながらその評価について解説していきます。

Z6Ⅱと旧モデルの基本スペックを比較

ニコン Z6Ⅱと旧モデルZ6の基本スペック比較表は以下のとおりです。

 Z6ⅡZ6
レンズマウントZマウントZマウント
センサーフルサイズフルサイズ
有効画素数約2,450万画素約2,450万画素
画像処理エンジンデュアルEXPEED6EXPEED6
動画性能4K対応4K対応
シャッタースピード1/8,000秒~30秒1/8,000秒~30秒
常用ISO感度100~51200100~51200
連続撮影速度約5.5コマ/秒約5.5コマ/秒
視野率100%100%
モニターチルト式
約210万ドット
チルト式
約210万ドット
サブモニター
電子ビューファインダー約369万ドット約369万ドット
手ブレ補正
Wi-Fi機能
Bluetooth
タッチパネル対応
静止画撮影可能枚数(ファインダー撮影時)約400枚約310枚
動画撮影可能時間約100分約85分
防塵・防滴
質量約615g(本体のみ)約585g(本体のみ)
スロット数デュアルスロット
※XQD、CF、SD対応
シングルスロット
※XQD、CFのみ
大きさ
(幅×高さ×奥行)
約134×100×69.5mm約134×100×67.5mm
価格244,000円(税抜)217,500円(税抜)

有効画素数は約2450万画素で旧モデルから変更なし。

電子ビューファインダーが約369万ドットであることや背面モニターが約210万ドットであることなど、基本的なスペックについてはZ6から変更がありません。

ニコン Z6Ⅱのイメージ画像
ニコン Z6Ⅱの外観-ニコン公式より
ニコン Z6Ⅱの背面イメージ画像
ニコン Z6Ⅱの背面イメージ-ニコン公式より

外観デザインもパッと見ただけで区別できないほど類似していますが、ロゴマークやメディアスロット部の厚みなどの違いで見分けることが出来ます。

Z6ⅡとZ6の主な違い

Z6ⅡとZ6の主な違いで注目すべき点は大きく2つです。

連写機能とデュアルスロット

連写機能の向上

Z6Ⅱの高速連写機能は拡張時で最大約14コマ/秒で最大124コマまで高速連続撮影が可能です。

これは旧モデルにも採用された画像処理エンジン「EXPEED6」を2基搭載した「デュアルEXPEED6」によって実現した連写機能で、Z6よりもシャッターチャンスを逃しにくくなったといえます。

ニコンの一眼レフカメラでフラグシップモデルのD6が最大14コマ/秒なので、連続撮影機能に関して言えばZ6Ⅱはプロ向けモデルと同等のスペックであると考えて良いかもしれません。

人物、犬、猫の顔や瞳を検出する瞳AF機能と合わせれば様々な環境下の動体撮影にも対応できるのがZ6Ⅱの最大のメリットです。

AF性能にはワイドAFエリアが追加され、動きモノを撮影するための機能性はZ6から確実に進化しています。

デュアルスロット搭載

XQDとCFカード対応のシングルスロットが採用されたZ6に対し、Z6ⅡではSDカードに対応するデュアルスロットが採用されました。

CFカードの書き込み速度はZ6よりも高速化し、撮影時の時間ロスが少なくなることでシャッターチャンスを逃しにくくなるメリットがあります。

デュアルスロットでは記録方法が幾つかあり、用途によって様々な使い分けが可能。

Z6からの買い替えはアリ

高速撮影機能が向上したニコン Z6Ⅱは動体撮影メインやデュアルスロット搭載モデルが欲しいZ6ユーザーにとって買い替える価値が十分アリです。

バッテリー性能が若干向上しているのも長時間撮影や冬場などハードな環境下で撮影する人にとって嬉しいポイント。

専用の純正パワーバッテリーグリップ「MB-N11」が発売されたことで、Z6Ⅱはミラーレスカメラとして1つの完成形に近づいた製品だといえます。

このZ6ⅡとZ7Ⅱ対応のバッテリーグリップはバッテリーパックを2個装填でき、撮影しながらバッテリー交換できる「ホットスワップ」にも対応しています。

ニコン Z6Ⅱの旧モデルとの比較と評価まとめ

ニコン Z6ⅡとZ6の比較と評価についてまとめてきました。

基本スペックだけを見てしまうと真新しい機能が無いように見えますが、Z6Ⅱは高速連続撮影などの機能性やデュアルスロットへの信頼性が旧モデルから着実に進化しています。

約2450万画素の有効画素数はスタンダードモデルとして扱いやすいので、どのような被写体にも対応できるカメラをお探しの人は購入候補として検討してみてはいかがでしょう。

合わせて読みたい⇊

スペック良しのニコン Z5はどんなユーザーが買うべきか

ニコン Z6Ⅱのイメージ画像
最新情報をチェックしよう!