Nikonの一眼レフカメラD780とD750のスペック比較のまとめ画像

ニコンの一眼レフカメラ『D780』と『D750』のスペックを比較した評価についてのまとめです。

ニコンの『D780』はフルサイズセンサー搭載の一眼レフカメラの入門機『D750』の後継機として約5年ぶりにリニューアルされたカメラ。

様々なスペックが改良されたことで買い替えの検討候補として挙げたいところですが、いま『D750』を所持しているユーザーは慌てて買い替えるべきではありません。

その理由について、スペックを比較しながらご紹介していきます。

上位機種D850との比較記事⇒【D780とD850のスペック比較と評価まとめ

フルサイズミラーレスZ6との比較記事【ニコンD780とZ6のスペック比較と評価について

D780とD750のスペック比較

『D780』と『D750』のスペックは以下のとおりです。

 D780D750
レンズマウントFマウントFマウント
センサーフルサイズフルサイズ
有効画素数約2,450万画素約2,432万画素
画像処理エンジンEXPEED6EXPEED4
動画性能4KフルHD
シャッタースピード1/8,000秒~30秒1/4,000秒~30秒
ISO感度100~51200100~12800
サイズ143.5×115.5×76mm140.5×113×78mm
連続撮影速度約7.0コマ/秒約6.5コマ/秒
視野率100%100%
モニターチルト式チルト式
Wi-Fi機能
Bluetooth
タッチパネル対応
内蔵ストロボ
バッテリー性能約2260枚約1230枚
質量約755g(本体のみ)約750g(本体のみ)
スロット数ダブルスロットダブルスロット
価格272,700円(税抜)212,500円(税抜)

有効画素数がほとんど変わらない中、画像処理エンジンが2世代進化しているため画質の向上は間違いなく期待できます。

シャッタースピードは8000分の1秒まで拡張。動画性能は4K動画対応。

バッテリー性能では『D750』との比較で約2倍まで撮影可能枚数が向上。

ニコンの一眼レフカメラとしてフルサイズセンサーの入門機と位置づけされながらも、『D780』は各種スペックで上位モデルにも近づきつつあります。

D750ユーザーの買い替えは慎重に

いま『D750』を使用している人からすればとても魅力的な仕上がりとなっている『D780』ですが、慌てて買い替える必要はありません。

その理由として、すでに『D750』は実用的なスペックが完成に近いカメラであるといえるからです。

タッチパネルやBluetoothなどに未対応ながらも、撮れる写真の画質に関しては拡大等をしなければ大きな差を感じることはないでしょう。

2機種の価格差を見てみても差額でレンズが購入できてしまうため、コストパフォーマンスを考慮すれば『D750』がオススメ。

D780を買うべき人の特徴

では、どんな人にD780がオススメなのか。

それは以下のようなニーズを持っている人です。

・4K動画が撮りたい
・動きモノを多く撮る
・2台体制(メイン機またはサブ機)

写真だけでなく動画撮影にもこだわりたい人には4K動画に対応しているD780がオススメ。

また、風景や静物以外に動きモノまでオールラウンドに撮影したい人にも、シャッタースピードや連続撮影速度などが向上している点は大きなメリットでしょう。

D750ユーザーであれば買い替えではなく買い増しとして購入し、D780をメイン機に、D750をサブ機にといったように2台体制を検討しているのであれば購入候補として挙げてみるのもアリです。

D780とD750の比較まとめ

ニコンのフルサイズ一眼レフカメラD780とD750の比較についてまとめてきました。

ミラーレスカメラがシェアを拡大する一方、ニコンが一眼レフカメラの小型・軽量モデルであるD750をモデルチェンジしてきたのは面白い誤算でした。

一眼レフとミラーレスのハイブリッドカメラとして注目されるD780がどこまで売上げを伸ばすのか、しばらくは目が離せなくなりそうです。

今回比較したカメラ⇊

Nikonの一眼レフカメラD780とD750のスペック比較のまとめ画像

Nikonの一眼レフカメラD780とD750のスペック比較のまとめ画像
最新情報をチェックしよう!