MacBook Pro 13インチ 2020年モデルのイメージ画像

Macbook Pro 13インチ 2020年モデルの新旧スペック比較と評価

ハイスペックなノートパソコンをお探しの人が求めていた理想ともいえる製品『MacBook Pro 13インチ 2020年モデル』が発売されます。

アップルのMacノートブックの中でハイスペックモデルとなる『MacBook Pro』は写真現像や動画編集などを目的とするクリエイター向けとして処理性能が高く、多くのユーザーに根強い人気がある製品です。今回のモデルチェンジではMacノートブックにとって革新的な新しいキーボード構造とお得な新価格など旧モデルからの変更がありました。

そこで、他のノートパソコンや旧モデルと比較しながらMacBook Pro 13インチ 2020年モデルの購入を検討している人向けに、詳細スペックや旧モデルからの変更点などを解説していきます。

詳細スペック

MacBook Pro 13インチ 2020年モデルのイメージ画像

 

Macbook Pro 13インチ 2020年モデルと旧モデルのスペックは以下のとおりです。

主な仕様MacBook Pro 2020MacBook Pro 2019
CPU第8世代Intel Core i5
1.4GHzクアッドコア
第10世代Intel Core i5
2.0GHzクアッドコア
※オプションで変更可能
第8世代Intel Core i5
1.6GHzクアッドコア
第8世代Intel Core i5
2.4GHzクアッドコア
※オプションで変更可能
メモリ8GB/16GB
※オプションで増加可能
8GB/16GB
※オプションで増加可能
記憶容量256GB/512GB/1TB
※オプションで増加可能
128GB/256GB
※オプションで増加可能
バッテリー性能インターネット閲覧::最大10時間インターネット閲覧::最大10時間
外部端子USB-C×2/4
ヘッドホンジャック
USB-C×2/4
ヘッドホンジャック
画面サイズ13.3インチ13.3インチ
Retina ディスプレイ
Touch Bar
認証Touch IDTouch ID
キーボードMagic keyboard
(シザー式)
バタフライキーボード
サイズ15.6×304.1×212.4mm15.6×304.1×212.4mm
重量1,400g1,370g
カラースペースグレイ/シルバースペースグレイ/シルバー
価格134,800円(税別)~139,800円(税抜)~

購入時に選択できる仕様はUSB-Cが2つもしくは4つのものが用意されています。CPUやメモリ、記憶容量などの内部的なスペックはオプションとして選択することができるので、自分の使用用途や目的に合ったオリジナルのモデルをカスタマイズすることが可能です。

その他、本体や画面サイズなど外観デザインに大きな変更はありません。バッテリー性能についても2019年モデル同様、最大10時間の駆動とされています。

モデルチェンジ後の主な変更点

今回のモデルチェンジで大きな変更点として挙げられるのは2つ。

・新たなキーボード構造
・記憶容量の増加と新価格

シザー式のMagic keyboard

MacBook Proのシザー式キーボード

 

2020年モデルのMacbook Proはキーボード構造設計が従来のバタフライ式からシザー式に変更されました。

これは『Magic keyboard』と名付けられており、これまでのMacノートブックの中で最も快適に入力できるとされています。今までのバタフライ構造のキーボードは本体が薄くなるというメリットがある反面、入力しにくいことや埃の混入で故障しやすいなど批判的な意見もありました。

本体重量が約30g重くなったのはキーボード構造の変更が要因だと考えられますが、僅かな差なので気にする必要はありません。それよりも今までのキーボードに不満を持っていた人からすれば今回の変更は大きな改善に繋がったといえるでしょう。

お得な新価格

MacBook Pro 2020年モデルは2019年モデルよりも割安感のある価格となっています。

最もスペックの低いエントリーモデルでは記憶容量が128GBから256GBに引き上げられたにもかかわらず、価格は2020年モデルのほうが5,000円引き下げられました。

これはスペックよりもコストパフォーマンス優先でMacBook Proを購入したい人にはオススメできるモデルです。

オススメのモデルは2.0GHzの512GB

僕がMacBook Pro 2020年モデルでオススメするのは『2.0GHz クアッドコア 512GBモデル』です。

写真や動画編集を目的とするなら512GBの記憶容量と2.0GHzの第10世代クアッドコア Core i5 プロセッサーがあれば十分快適に作業することが可能です。更にオプション追加でメモリと記憶容量の増加やCore i7へのアップグレードもできるので自分好みにカスタマイズしましょう。

MacBook Pro 2020年モデルのスペック比較と評価まとめ

MacBook Pro 2020年モデルのスペックと旧モデルとの比較評価についてまとめてきました。

内部スペックの進化、キーボード構造の変更など総合的に評価すると、今回モデルチェンジしたMacBook Pro 2020年モデルはMacノートブックのハイスペックモデルに相応しい十分な性能が搭載された製品だといえます。価格が安くなったことからお得感も出てきたので、初めてノートパソコンを購入する人にもオススメできます。

13インチのノートパソコンとしてはマイクロソフトのSurface LaptopやSurface Bookなどが比較対象として考えられますが、自分好みにカスタマイズできることやコストパフォーマンスの高さがMacBook Proのメリットと言えます。

旧モデルやMacシリーズを持っていれば下取りで割引できる場合もあるので、買い替えを検討している人もぜひチェックしてみてください。

MacBook Pro 13インチ 2020年モデルのイメージ画像
最新情報をチェックしよう!