キヤノンの一眼レフカメラを買うメリットまとめ

これから初心者がキヤノンの一眼レフカメラを買う3つのメリット

ハイアマチュアモデルであるEOS R5やEOS R6が登場したことでミラーレスカメラへの移行が加速したキヤノンですが、これからカメラを始める人にとって一眼レフカメラが狙い目です。

カメラ市場全体では携帯性に優れたミラーレスカメラのシェアが増えてきているものの、一眼レフカメラにはバッテリ―性能が良いことなど携帯性以外の面でメリットがあります。

この記事ではカメラを始めようと考えている初心者向けに、これからキヤノンの一眼レフカメラを買うメリットについてご紹介していきます。

中古在庫が豊富

EOS R5やEOS R6の登場をきっかけに、これまでキヤノンの一眼レフカメラを使用していたユーザーの多くがEOS Rシリーズへ移行している影響により、中古のカメラボディの在庫が豊富になっています。

最近になってようやく在庫に余裕が出てきましたが、発売から1年が経過してもEOS R5やEOS R6の価格はまだほとんど下がっていません。

現在の中古市場を見てみると状態の良い個体も多く簡単に見つけられるので、コストパフォーマンスを優先させるならフルサイズミラーレスカメラよりも一眼レフカメラがオススメです。

EFレンズの種類が豊富

キヤノンの一眼レフカメラ用レンズであるEFマウントレンズは種類が豊富であらゆる焦点距離や開放F値のレンズが揃っています。

一方、RFレンズはまだまだ種類が少なく、それらの一部については半導体不足の影響もあってなかなか手に入りません。RFレンズは中古でさえ在庫がほとんどない状態が続いています。

RFレンズが登場して以降、EFレンズの中古数が増えつつあるので様々な種類のレンズを揃えるなら一眼レフカメラのほうがコストパフォーマンスに優れているといえます。

Rシリーズへの移行前準備

EFレンズはマウントアダプターさえあればEOS Rシリーズでも使用可能です。

もしもEOS R5やEOS R6を将来的に購入したいと考えているなら、まずは一眼レフカメラを使用しながらEFレンズを揃えていき、モデルチェンジのタイミングなどでカメラボディのみ EOS Rシリーズへ移行するのも良いでしょう。

RF70-200mmなど一部のRFレンズはEFレンズよりも小型・軽量化されたものもありますが、ほとんどが携帯性に大きな差がなく、価格が高騰しているのでEFレンズ資産をそのまま活かしたほうがメリットが多いといえます。

オススメの一眼レフカメラ

今回ご紹介するキヤノンの一眼レフカメラは3つ。

主にハイアマチュアモデルが中心ですが、ミラーレスカメラの機種と比較しても価格帯が落ち着いてきているので、初心者でも手に入れやすいものを厳選しています。

EOS 5D MarkⅣ

フルサイズセンサー搭載のハイアマチュア向けモデル。

後継機となったEOS R5が登場するまでプロ・ハイアマチュア向けの中心的な存在として人気を集めた5Dシリーズの4代目となるカメラです。

有効画素数約3040万画の高画質、多種多様なボタン配置やマルチコントローラー搭載による直感的な操作性など風景から動体撮影まで幅広いジャンルに対応できる高スペックであることから、信頼性の高い機種です。

どの一眼レフカメラを買おうか悩んでいる人は、EOS 5D MarkⅣを選んでおけば間違いありません。

EOS 6D MarkⅡ

フルサイズセンサー搭載の一眼レフカメラの中でも軽量・小型モデルの6Dシリーズの2代目となる機種。

一眼レフカメラの上位機種と比較すると携帯性が高く、背面液晶がバリアングルモニターになっているので使用感はミラーレスカメラに近いです。約2620万画素の高感度耐性の高いセンサーで夜間撮影に強く、主に風景写真を撮影する人にオススメのカメラです。

EOS 90D

EF-Sマウント対応のAPS-Cセンサー搭載の一眼レフカメラ。

2桁シリーズの9代目ですが、連続撮影速度10コマ/秒や最新のAF機能などから動体撮影に優れていることからハイアマチュア向けモデル「EOS 7D MarkⅡ」の後継機的な存在ともいえます。

有効画素数約3250万画素の高画質はあらゆるシーンで役立つので、動体撮影はもちろん、風景や人物撮影でも活躍してくれるオールマイティな機種です。

フルサイズセンサー搭載のカメラよりも割安であることやコストパフォーマンスの良いEF-Sレンズが使用できることから、機材全体の予算をできる限り抑えたい人にもオススメ。

キヤノンの一眼レフカメラを買うメリットまとめ

これからキヤノンの一眼レフカメラを買うメリットについてまとめてきました。

余談ですが、軽量化されてスッキリしたデザインのミラーレスカメラよりも、ゴツゴツして堅牢性を感じられる一眼レフカメラのほうがしっくりくるという意見もあります。

RFマウントのミラーレスカメラのボディやレンズが値下がりするまでにはまだまだ時間がかかりそうなので、予算に余裕がある人や既に一眼レフカメラを所持している人以外は中古機材が狙い目ですのでぜひご検討してみてください。

合わせて読みたい⇒EOS R3の有効画素数は約2400万画素らしい

キヤノンの一眼レフカメラを買うメリットまとめ

キヤノンの一眼レフカメラを買うメリットまとめ
最新情報をチェックしよう!